無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


【市販薬で治す!】慢性前立腺炎と竜胆瀉肝湯


鈴木無花果(@papa_s)です。

慢性前立腺炎もちです。

以前も慢性前立腺炎についてはちょっとだけ書いたんですが、かなり自己満足な日記になっていたので、もう一度冷静に書き直してみようという試み。

というわけで慢性前立腺炎。常に大事な部分に違和感を感じ続ける生活はホントにストレスですよね。わかるわかる、わかるぞ~。しかも慢性前立腺炎はなんとも人に相談しづらいですし。

で、最初に結論なのですが、市販薬では

竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)が効きました。

困っている人に参考になれば幸いです。

それから、慢性前立腺炎じゃない人にも、こんな病気があるんやぞ、と頭にとめておいてもらえるとうれしいです。

 鈴木のたどった経路

どういう状態に人間に対して効果があったのか、ということで当時の状況を。

 

まず急性前立腺炎を発症→クラビット(抗生剤)で寛解(※)

(※完治じゃないけど症状は治まった状態)

→ストレスと飲酒で慢性前立腺炎発症→セルニルトンで寛解

→更にストレス&飲酒で慢性前立腺炎再発@超繁忙期

 

と、こんな状態でした。それぞれ寛解から1年ほど空くので、病状としてはかなり軽い部類かと思います。

で、この最後の再発時が死ぬほど繁忙期で、病院に行く時間がとれませんでした。

セルニルトンさえもらえれば治る気配がするのに・・・という感じで玉の痛みを我慢する日々。

で、どうにかできないかと市販薬をいろいろ調べて、たどり着いたのが、竜胆瀉肝湯でした。

竜胆瀉肝湯のそもそもの役割

詳細はこちらを見てもらうとして。

www.kracie.co.jp

基本的には泌尿器周辺の調子をよくする、というのが主旨。

漢方全般に言えることですが、「調子をよくする」みたいなフワっとした感じのものが多いです。そのへんがホラ、4千年がどうとかいうあれなんじゃないですか?(雑)

とまれ、僕の思考回路としては、

 

セルニルトンはおしっこを出す薬だと説明された

→竜胆瀉肝湯はおしっこを出しやすくするらしい

→ならコレも効くのでは??

 

という感じです。結果的には大成功

竜胆瀉肝湯の経過

というわけでこれを飲み始めてから、ゆっくりと回復していきました。

大体2週間くらいで寛解したような気がします。

この時期特段お酒を控えていたような覚えはないですが、さすがに普段よりは減らしていたかと思います。尿の量が変化したかというとサッパリ覚えていませんが、例えばおしっこが出過ぎて困る、とかそういうことはありませんでした。

とにかく、市販薬が慢性前立腺炎に効いた!のです!!

これ割と重要なことなんですよ!市販薬でっていうのが!!

というわけで、

・忙しくてなかなか病院行けない人

・そもそも泌尿器科行くのに抵抗のある人

なんかには是非ぜひ試してもらいたいのです!通販できるし!!

ちなみに竜胆瀉肝湯は病院で処方してもらえばめちゃめちゃ安いので、時間あるなら病院行くのがザベストなのはもちろんです。

(というか病院にも行けない職場はやめてしまえばいいのでは???)(鈴木は実際やめましたよ??)

実は悩んでる人もいます

さて、前立腺炎じゃないのにここまで読む人がいるのかは知りませんが。

慢性前立腺炎は、常に泌尿器に違和感や痛み、というストレスを抱える病気です。

しかも我慢できない程でもないので、つい我慢してしまう。だから余計にストレスで疲弊してしまう。

更にさらに、細菌性でない場合、原因の特定が非常に難しく、「これをすればOK!」という選択肢がありません。

更にさらにさらに、基本的には再発する病気です。僕も何度も竜胆瀉肝湯で散らしてます。

更に(略)、どうしても人に相談しにくい病気です。

別に他の人がなにかできるってことでもないですが、こんな病気で悩んでる人もいます、ということを知っておいていただいて、どうか笑わず、見守っていただけると幸いです。

全てのふぐりに安寧あれ!