無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


遠距離恋愛解消には男が動け!


鈴木無花果(@papa_s)です。

12月21日は遠距離恋愛の日、らしいです。午後ティーがキャンペーンしてたので間違いないと思います。

ここはもうね、遠距離恋愛の末に結婚までした僕ですから。上から目線でアドバイスの一つでもしてやろうと思ったんですが、キモオタが恋愛語ってんな死ねと言われそうなので、皆さんにひとつだけ格言を残して去ろうと思います。

遠距離恋愛解消には男が動け!

いってみましょう。

まず前提として遠距離恋愛をするな

元も子もない。けれど真実。

具体的にどう大変かはそのへんの恋愛メディアを参照していただきたい。明らかに近場での恋愛よりハードルが高い。

なのでこれは解消されるべき、という前提でお話をいたします。ずっと遠距離がいいって人もまぁいるかもだけど、今回は無視。ごめんね。

20~30代以外は遠距離恋愛をするな。

まず大学生すべきでない

遠距離恋愛は金がかかるのです。遠距離恋愛で最重要なのは交通費。

あと恋愛市場的に考えると、人生で最も異性と接触しやすい環境となるため、わざわざ遠方の市場で探すメリットがない。高校生からのお付き合い?お気の毒さま。

40代以上の方々。立場もあるだろうしフットワークがお互い重くなりがち。すべきでない

というわけで何が言いたいかというとこの記事では20~30代に捧げます。

そしてその世代でも出来る限り回避するのが吉。

結婚前提じゃないなら遠距離恋愛をするな

さて年代を限定したところで。

結婚=ゴール設定は時代遅れであるとしても、なんらかの区切りが必要なのは絶対。これがないとやってらんない。なんなら区切り設定しててもその信憑性でもめる。そう、もめるんだよね……そう、そうなんだよ……。

特に子供を産みたい女性については、明確に制限時間が設定されるため、余計な時間は使っていられないハズ。

まぁ、1年も様子を見て結婚もしくはどちらかの移動に踏み切れないのであれば、関係を考えた方がいいのではないか。

逆に言うと、遠距離恋愛解消=結婚(or一定以上の区切り)となる人が多い、ということがここでは重要。ここでは結婚とします。

ちなみに僕は2年関係が続いたら結婚という前提で始めましたが、1年が限界でした。

結局のところ女性は転職で不利

本題へ。

結婚を機に移動する女性。これどう見ても数年内に子供生まれる予感しかしない

面接で死ぬほど不利。

実際にどうかは別としての話。

もちろん時代遅れの考えだし、産休中もテレワークでバリバリ働いてもらいます!なんて企業も関東では増えているかもしれない。けれどそれ以外のところでは言外の意識としてあり、やべぇところだと面接で子供産む意志を聞かれたりもする。聞かれたら聞かれたで、予定ないっす~って言って普通に産めばいい話でもあるんだけども。

というわけで結婚して移動する女性はパートタイマ―・派遣が多くなってきてしまうのでした。

それだったら現時点の慣れた仕事、特に正社員なのであればその状況を捨てるのはリスキー

僕は仙台という地方都市で複数社の面接を受けたけれど、結婚の話は普通に聞かれた。女性が出産について聞かれているのは想像に難くない

仙台も一応政令指定都市なわけで、そこでこの状況なんだから、他の地方都市は推してしるべし。

こんな状況を変えるべきであるというのはもちろんだけれど、目先のおまんまも大事なのであるよ。

遠距離移動男はカモネギ

男性が動くパターンを考えてみたい。

面接に来るのはアラサー働き盛り。初歩的なビジネスマナー講習不要の即戦力。これから結婚するから仕事もやめづらい。産休に入らない!

カモネギ。

慢性的な人手不足が嘆かれる最近の経済状況で、これ以上のボーナス人材がいるだろうか。一般的な転職市場より高く評価してもらえるでかいでかいチャンスですよこれは。

結論。

遠距離恋愛解消には男が動け!

地元と東京だったら地元優先

ちなみに地理の条件が加わるとまた考えるところが出てくる。

実家との仲がいいのであれば、どちらかの実家が近いところ、というのは非常にポイントが高い。特に育児を考えるのであれば。

東京が地元なら文句なしだけど、地元が地方の場合。これはもう上記の男尊女卑が色濃く残っているわけで、男性有利が圧倒的。逆にそれを利用しない手はないのです。

あとは状況にあわせてどうぞ

例えば資格持ちの人は動きやすいとか、大企業だったら転勤で対応してもらうとか、やりようはいくらでもあるかと思いますので。

ただまぁ、僕と同じ状況の男性の後押しになったり、周りの人への説得材料になったりすると嬉しいなぁという気持ちです。

 

 

(しかしこれフェミに見せかけてめっちゃ女性差別社会擁護してない?)

(まあいいじゃん……)