無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


【完全解説】大学入試改革の大失敗っぷり


鈴木無花果(@papa_s)です。

実は元大学職員です。

年の瀬が近づきますといよいよ入試の時期だ!って感じがしてきますね。

というわけで今日は入試のお話を少し。

特に大騒ぎを続けている大学入試改革とかいうアホのお祭りについて、イジっていきたいと思います。

結論から言うと、大失敗してます。

これまでの経緯

実はこの入試改革、特に大学入試センター試験に関わる改革っていうのはそれこそ何年も前から議論されてきていたトピックです。まずは大学入試改革について、まずはここまでの流れを振り返ってみましょう。

「お役所仕事」の真髄がここにあるのです。

はじまり ~とりあえずぶちあげてみた~

平成26年12月

中央教育審議会答申(クリックでpdf)

が出されました。15ページをご覧ください。ここでハデにぶち上げたのが始まりです(正確には前から議論がありましたが)。

ここで言われていることのうち、大学関係者的に重要なのはみっつ。

大学入試センター試験の代わりに・・・

・記述式の導入

・1点刻みをやめて段階評価の導入

・年複数回の実施

・これを平成32年度からやります

マジかよ。

もうこの時点でアホのお祭りなわけです。

記述式って採点50万人分手作業で?

誰が採点するの?

複数人で採点分けたら採点基準は?

段階評価でどうやって最終合格者決めるの?

入試の現場ではマジで1点が生死をわけるんだけど?

複数回って年1回のセンターだけで1年かけて準備してるんだけど?

大学ごとの試験もあるんだけど?

これくらいの疑問が3秒で浮かぶわけですが、まぁなんか、委員の人たちも気持ちよくなっちゃったんだと思う。

とはいえ言ったからにはやらないといけない!というわけでこのよくわかんねぇインデントも揃ってねぇ答申を受けて官僚たちは頑張りました。

何も最終じゃない最終報告

検討に検討を重ね、平成28年3月

高大接続システム改革会議最終報告(クリックでpdf)

が公表されました。7ページをご覧ください。

ここで言われていることで重要なのはたったひとつ。

・まだ何も決まってません

でした。マジかよ。

いや、なんか立派なことを言ってるのは分かる。そこは分かるんだけど、こちとら新しいセンター試験がどうなるかが気になるんですけど。大事なとこだけ「検討する」で埋まってるんですけど???お???

これが盛大にぶっ叩かれたかどうかは知りませんが、その後も官僚たちは頑張って検討を続けました。がんばれ♡がんばれ♡

だめでした。

そしてそして平成29年7月

大学入学共通テスト実施方針 (クリックでpdf)

が出されたのです!どうなることかと思ってたぜ!

さあその内容というと、

・記述式→やります!ただし今までの日程の中で

・複数回実施→やっぱりやめました

・段階で評価→やっぱりやめました

すみません。無理でした。

というわけでフタを開けてみればセンター試験に記述がくっついただけのプロジェクトでした。というオチ。ふざけろ。

あ、あと記述式で採点に時間かかるから、大学に成績教えるの1週間遅れるんでシクヨロ!ってサラッと書いてあるのがマジでヤバいので、状況は悪化しただけと言ってもよさそうです。

大失敗です。本当にありがとうございました。

コスト感のなさにゲロ吐きそう

さぁここで問題になるのは、このプロジェクトを仕切ってた人の扱いですね。どうなると思いますか?

「問題なく業務を遂行した」という扱いになるハズです。まぁこれは完全に僕の想像なので確定的なことは言えませんが。でもほぼ確実に、プロジェクトは「成功」扱いになっているハズ。だって問題起こしてないから。

何度も言いますが、今回の入試改革(笑)は3年という時間をかけてマイナーチェンジしかできないという大失敗に終わりました。

死ぬほど大騒ぎして結局何にもならなかった。

その過程にどれだけの大学を巻き込んでも、どれだけの人が内部で混乱していても、文科省的にはこれは「成功」しているんです。ゲロ吐きそう。

どうすればよかったのか

センター試験という大きなシステムを変える場合には、確実に混乱が起こります。それは大きいかも小さいかもわかりません。

でもそれが若い世代に必要なのだとしたら、誰かが責任をもって遂行するべきだったんじゃないでしょうか。

なんというか、しっかりしたリーダーがいれば1年で決まってたような話としか思えません。でもそれができないんですよね~~~~~。

とはいえこれで子供たちの人生が決まってしまう

さんざん文句ばっか言いましたが、これからこの入試をうけなくちゃいけない子供たちは、愚痴ってばっかりもいられません。

正直、結局テクニックで受かるやつはどこでも受かるし、愚直にやるだけのやつも相応のところに行くし、っていうのが大学で働いてた感想です。

真面目に勉強して、高校生活を謳歌してればいいんじゃないかな、とおじさんは思うのでした。

だからインターネット上で人生経験がどうの言ってご高説たれてくる悪い大人に騙されたりしてちゃダメだぞ!大人は全員お前らを食い物にしようとしてるからな!絶対だからな!!

(おしまい)

前職の人に見つかりませんように