無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


【マンガ評】チャラ男と不器用男の逃避行「エスケープジャーニー」おげれつたなか


鈴木無花果(@papa_s)です。

漫画、お好きですか。僕は大好きです。

まぁ色んなジャンルの漫画を読むんですが、妻さんの影響もあり、男の子同士がくんずほぐれつするやつ、いわゆるBLも読むようになっております。

単純に漫画として完成度が高い作品が多くて、このジャンルに触れないのはちょっともったいないな!という感じです。

そんなわけで今日は僕が一番感動したBL、「エスケープジャーニー」のレビューです!

前も簡単にやりましたが今回は軽度のネタバレを含みます。

  

何度離れてもまた君を好きになる。

まずはあらすじ。

高校時代に恋人同士だったけれど喧嘩別れしていた太一と直人が、大学でまさかの再会。友達として関係を修復しながら、けれど近づいていくとどうしても恋になってしまう。けれどけれど「恋人」になった途端に独占欲や将来の不安が邪魔をして、どうしても上手くいかないふたり。

お互いを傷つけながらふたりが出す結論は……。

とにかく、走り出すしかない。

なんといってもタイトル通り、「逃避行」のシーンが最高。

高校生のころにもふたりで逃げ出そうとして、でも家庭のしがらみで失敗に終わってしまう。

大学生っていう大人になっても、色んなことが自分たちの邪魔をする。

太一には好きだって言ってくれる女の子もいる。結婚して、家庭を作って、幸せに暮らすほうが絶対いいことじゃないか。男ふたりで恋人になって、そのあとどうすればいいんだ?もうこれ以上ふたりが次へ進めることなんてないんじゃないか??

行く先を全部ふさがれて、どこへ逃げたらいいのかわからないけど、どうしても逃げずにはいられない。

いやもう、自転車2ケツで走り出すしかないじゃないですか!!

細かい描写までストレスなし

とにかくストーリーが最高なんですが、それ以外の部分もスキがなく、ストーリーに没入させてくれます。

絵にはクセがなくてめちゃめちゃきれい。細かいところまで描きこみがされていて、画面のリアリティがものすごいんですよ!

それからセリフ回しの部分にも「説明くささ」みたいなのが全くなくて、いまどきな大学生がしてそうな会話がきちんと再現されてます。

さらにさらにBLでは嫌われがちな要素である「女の子」についても、めちゃめちゃ良い子!

なんかね、よくあるパターンとしては、攻めに無駄に色仕掛けしてくる糞女が当て馬として出てきたりするんすよ……。それがないだけで最高ですし、やっぱり女性キャラがいない世界って不自然じゃないですか。それを難なく取り入れるおげれつたなか先生恐るべし……。

1点、濡れ場にちょっと暴力的なシーンがあるので、そこにアレルギーある方だけお気をつけください。

はじめてのBLとして

というわけで最高of最高な「エスケープジャーニー」なんですが、BLを読んだことのない人や、あまりBLになじみがない男性にもオススメしたい作品なのです!

上述の通りストーリーにクセがなくて、BL時空(世界に男しかいないし男同士でしか恋人にならない時空)でもないのが大きいですね。これがなかなか珍しい。

まぁちょっと濡れ場がぐっちょんぐっちょんですが、細かいことは気にしない。

一回エスケープジャーニーさえ読んでしまえば「あっ、男同士でもセックスするわ」ってなりますので、それ以外のBL時空作品にもある程度入っていきやすいかなと思います。

まずは男同士の恋愛はあり得ないっていう前提から壊していこう!!

とにかく最高なので読んでください

プレゼンは以上です。

食わず嫌いせずにぜひぜひ読んでみてください!

ちなみに2巻も出てますが、お話は1巻で終わってますのでとりあえず1だけ買えばオーケー。2巻は終わりがマジで中途半端なので、3巻出てからでもいいかも・・・?

そんなわけで、とにかく最高なので読んでください!

 

(おしまい)