無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


【書評】「アライ」の理想形『目の見えない人は世界をどう見ているのか』伊藤亜紗


鈴木無花果(@papa_s)です。

皆さんは見えますか、目。僕は見えます。

というわけで「目の見えない人は世界をどう見ているのか」読みました。だって気になるじゃん?

非常に心地よく読み切れて、説得力がある1冊でしたのでオススメ。

 

 自分と違う人を珍しがってもいいんじゃないか

本書の趣旨としては、目が見えない人がどのように世界を見て(とらえて)いるのかについて、ケーススタディ的に面白がっていくもの、でした。

そもそも見るとはなんぞや、という基本的な問いを使って、見ることと視覚、結果と仮定を切り離していくのが快感。点字を手で読む、カフェの風景を耳で眺める。そんな感じで。そしてそうやって新しい感覚をもって世界をとらえていったらなんかいいことあるんじゃないの?ってとこでしょうか。

「(障害があるのにこんなことができて)すごい!」から、単純に「そんなやり方あるのね面白い!」にした方がいいよね、というところがお気に入り。いやそもそも普通に考えて、目が見えないから大概の道暗記してるし杖あれば空間把握して歩けますけど?ってかなり面白い状況だと思いませんか。

ある種ドライな「アライ」の感覚

恐らく作者さんはずっとこうした障害を持つ人の近くにいた、もしくはたくさん考えた結果なんだろうなと思います。こういう人のことを、それこそ「アライ」と呼ぶんじゃないかなって感じるのです。そしてこの本に出てくる視覚障害を持っている人たちも「アライ」であるという。

アライ=理解者っていうのが一般的ですけど、なんか相互性が足りない響きだよなぁと思ってたんですよ。だってアライって当事者じゃないんですよ?何が分かるの?理解者ですよと自分で叫ぶのってなんかおかしくないですか?っていう気持ちが。

この作者さんは極端にドライで、理解しているなんて言いません。違うものだ、面白い、調べよう。ホントにそれだけなんだなぁっていう。助けようなんて気持ちを感じない。それが心地いい。

単純に面白い「目の見えない世界」

まぁそんなややこしい話は置いといて、目の見えない人たちが語る世界の見え方は単純に面白いです。視覚で平面化しないから3次元的に見れるとか、認識によってガラスのコップが陶器に変わったりとか。僕なんかは空間を把握するのが絶望的なまでに下手なのでちょっと教わりたいところです。

現時点で障害となっているものでも、将来的には逆に利点になるのかもしれません。

弱者だから保護しろ、みたいな論調はどこにも求められていないんだと。むしろ、現時点で企業が求めてる「他と違う人間」みたいなものに、障害のおかげでなりやすい。そんな日がくるのかもしれない、と思うのです。そして僕は(現時点での呼び方で言う)健常者として、正々堂々戦う構えなのであります。