無差別ブログ

無差別な世界をつくるために無差別に殴りかかる系ブログ@仙台


サラリーマンに許される限界のだらしなさを探った日々


無花果です。

世間ではゴールデンウィークが始まったみたいで、アーケードの真ん中で七鍵守護神したい気持ちでいっぱいですね。

しかし5月になってもまだまだ見かけるのが真っ黒リクスーの集団。単純に大変だな~って思います。着心地も悪いし手入れも大変だし新卒ってバレるから仕事相手にも舐められるしでいいことありませんよ。

あなたが山岡士郎のごとく黒いスーツに一定のこだわりがあって着ているなら何も言うことはありませんが、そうでないならこの連休明け、デビューしちゃおうじゃありませんか。初任給も入ったことだし、衣料インフラ、整えちゃお!

なお、これはオシャレを推奨する記事ではありません。リクスーよりもっと楽で安く済ませつつも怒られないラインを探ることが趣旨ですから、むしろリクスーよりもグレードを下げていこうという全力で後ろ向きな内容となります。

さらにもちろん女性服の事情は分かりませんので、その辺は別の人に聞いてください。

ところで新卒の人向けに記事書こうとしてるのにさっきから例えが古くないか。

1.普段の仕事は超低コストでGO

営業職の人はこうもいかないと思いますが、僕みたいな内勤中心のサラリーマンであればこんな感じで大丈夫やろ、って話をします。というわけで僕の最後の1年間を支えたファッションを記録しておきましょう。

ダイエーで買ったジャケット 紺1 灰1

ユニクロのチノパン 黒1 灰1

ユニクロのアイロンいらないワイシャツ 白4

ユニクロの無地靴下 黒たくさん

・適当なネクタイ 最終的に赤2

スポルディングの黒スニーカー 1

・兄ちゃんからもらったコート 1

真剣にこれだけ。

このスタイルがいかに完成されているかをご説明しましょう。

・服に悩むことがない。

 ジャケットとパンツを紺(黒)&灰に固定して交互に着るだけ。着回しがどうの考える必要がなくなります。ついでにネクタイも1色に絞ってしまいましょう。

 ワイシャツも白一択。下手な色ワイシャツよりも断然KOOLだし合わせを考えなくてもいい。

・疲れない

 まず革靴っていうのは日常で使用するにはサイアクの性能です。蒸れる、固い、手入れ大変、安いとバレる。ならばいっそ真っ黒のスニーカーにしてしまうことで、その全てが解消されます。

職場に着くとスリッパに履き替えてる人いません?社内に入っちゃえばその人と同じなわけで、通勤中がスニーカーでも何も問題ないやろ!!(ただし死ぬほどダサい)

 さらにユニクロのチノパン、これが最高。すごい伸びる、ひっかけても破れない。そのままサッカーできるレベル

・手入れが楽勝

 ジャケットは着るたびファブリーズで1シーズンOK。靴は履きつぶしたら買う、ワイシャツ・チノパンはクリーニングじゃなくて洗濯機で一発。もちろんアイロンなんてかけないでも形状記憶でOK。靴下は1個穴空いても他全部同じだから共有できる、という感じで服の手入れにかけるリソースを極限まで減らせるのです。

 革靴ってなんかクリームとか塗るんでしょ?そういうの無理……。

・安い

 ジャケットは流石に1万円を超えないと耐久性に問題がありますが、それ以外は潰れたら買い替えの精神。 セール狙ってズボン3000円、ワイシャツ2000円、スニーカー3000円で余裕。

 3000円の革靴なんて買ってみなさいな、一日はいたら翌日歩けなくなるくらい疲れますよ。ズボンも同じ、適当な紳士服店で3000円のズボンなんてすぐぶっ壊れますよ。

 

そんなわけで普段の仕事は上の感じでバッチリ。服のローテーションを徹底すると自分の服で曜日が分かるようになってきます。ハルヒみたい!

あぁあと鞄はアウトレットで2000円のを4年使ってました。

 

2.スーツは大事な時にだけ着る。

とはいえたまにはしゃんとした格好をしなくてはいけない時もあるでしょう。

そんなときに買ってしまったダサ黒スーツを使うのです。普段からそういう格好をしていない人が真っ黒スーツにピカピカの靴を履くことが重要です。

普段からスーツの人は、お客さんのために自分の服装のランクを上げる、ということができませんが、普段を低くすることで特別感を演出できるのです。

この演出の対象はもちろんお客ではなく上司や同僚です。「あ、こいつシメるところはシメるのね」と思わせることで普段の堕落を勝ち取りましょう。

なお、僕は流石にリクスーは捨ててしまったので、結婚式用のスーツ1着だけで、全ての要スーツなイベントをくぐり抜けておりました。

ちなみに僕基準の「要スーツイベント」は極端に少なく、社長が来るくらいじゃスーツにはならんですね。よその会社の社長さんクラスとお会いするときとかくらい?まで基準は引き上げてオッケー。あと、せめて靴だけ革靴にするとかね、雰囲気で調整するのよ。

 

3.髪の毛は半年くらい伸ばしっぱでも怒られない。

これは完全に僕だけの予感もするんですが、髪の毛切るのがめんどくさい。めんどくさいので、いったんほぼ坊主にして、そこから怒られるまで髪を切らないでみたのです。

結論から言うと半年目くらいで怒られました。逆に言うと髪切るのが半年1回で良いのは楽。短髪でさわやかさを演出~とか言いますけどね、ツーブロの営業(なんか光沢のあるスーツ着てる)の方が圧迫感あって仕事したくねぇし!(偏見

つーか髪の毛の長さで仕事の出来変わらんでしょ!むしろ余計なリソース省いて仕事してるって思われてもいいでしょ!

 

4.仕事はちゃんとしよう

はい、いろいろ書いてきましたけど今日はこのくらいですかね。

たぶん職場でトップクラスにだらしない恰好をしてましたけど、上に書いたラインが割と苦言は言われないくらいの服装じゃないでしょうか。もちろん会社とかあなたのキャラクターによりけりですけど。

あと服装がだらしないと割とそれに引っ張られて仕事に対するテンションも低くなってくることがあるので、そういう自分の心の動きには気を付けましょう。

スーツを着てシャキッと仕事するぞ!っていう自己暗示は実際効果的だと思いますし。

 

なにはともあれがんばれ新社会人!税金おさめて僕を支えてくれ!!